商品の発送や運送にかかるコストを効率的に抑えるための方法

進化するIT効率よく作業をこなす

重要な要素の一つ

アパレルにおける物流について

〔必要〕 服はたいてい店舗などで販売されており、運輸業者が店舗で販売予定の商品を倉庫から運んできます。そのためアパレルをビジネスとする人々にとって、物流は仕事をする上でとても大切で必要なものです。 〔注意すること〕 そのためアパレルをビジネスとする人々は倉庫を持つなどし、物流関連の職業の人たちに商品搬送を頼みます。倉庫を持ったときにはいくつか注意することが必要で、まず必要なときに必要なだけの商品を納めることです。次に倉庫内においては、どこの店舗にどの商品を運ぶのかを倉庫で働く人にとってわかるようにすることです。そしてどこにどんな商品があるのかをわかりやすくするため、それに必要な管理体制を整えることです。

倉庫を持つときにしておくほうがいいこと

〔リサーチ〕 アパレルに携わる人々は、「物流」を考えるときには自前あるいは運輸企業の倉庫にするかを考える必要があります。そのためには様々な場所から情報を収集し、あらゆる角度からリサーチしていくことが大事になります。 〔比較と検討そしてその他〕 倉庫に関しては、自前か委託どちらが長期的に見た場合メリットがあるかどうかを比較して検討することが大切です。さらに大切なことは、「物流」についても十分考慮することで、これはアパレルにとっても重要になってきます。というのも納入する時間を考えるとき、店舗と倉庫の位置関係によって配送に必要な時間が変化するからです。また両者を 結ぶルートについて、どのルートを行けばいいのかを十分に考えることも大切になってきます。